さいたま市・埼玉県の相続相談はさいたま幸せ相続相談センターへ

TEL:048-782-8922

お問い合わせ

さいたま幸せ相続のかたち

遺品整理

遺品整理

遺産分割の場面では、相続人の間で分割する際に、故人の財産特に、資産価値のあるもの(高級時計や貴金属、宝飾品、骨董、古美術品金属品等)の正確な評価が大切になります。
遺品査定資格を有している専門家が遺品等の状況をお聴きした上で、適切な査定を行います。

1 遺品整理とは

「遺品整理」とは、故人の使用されていたもの(遺品)を、整理することです。その品々の中から不用品を処分、売却(買い取り)することも含まれます。

2 遺品買取における不正被害、トラブル防止の為に。

近年、適正に価値を評価しない回収業者が急増しています。
そもそも遺品は、その価値を知り、目利きができなくては、正当な評価が出来ません。また不正に買い取られた場合であっても、不当な評価をされているのかを気付く事は困難であるともいえます。しかしその中で、人との関わりの中では、お互いに納得した状態で、取引をすることが正しいことだと思われます。遺品整理をされる方の多くが、ご高齢者や女性の方々で被害トラブルを経験しており、故人が大切にしていたものを不当に買い取られ、故人の悲しみに繋がっていきます。
また、店舗だけでなく、突然自宅を訪問してきた買取業者に、貴金属等を安値で買い叩かれたという訪問買取での被害、トラブル相談が増加しています。

3 ご遺族の笑顔を守るために「遺品査定士」がサポート。

悪質な回収、買取を行う業者が存在する中で、弱い立場であるご遺族様、ご依頼者様を守る事。ご遺族様に寄り添い、相手の立場に立った対応を心掛けること。不正を見抜くための知識をもって、正しく価値評価を行う事が出来る「遺品査定士」がその役割を担います。 また社会貢献のため、良き橋渡し役として活動いたします。

 

このような方におすすめです 

✔️遺品整理から出てきた大量の書類をどうすればいいのか分からない。

✔️出てくる書類をどうしたらいいのか分からないから、立ち会ってほしい。

✔️相続放棄を予定しているので法的に問題なく、遺品整理を行いたい。

 

当事務所では、これらの問題の解決策をご提案し、実行支援ができます。

 

お手続きの手順について

⑴ 川越市A様

父についで母も亡くなり実家を整理することになりました。
父の相続の際、思い出のある荷物も多く片付けなかったこともありかなりの荷物が残っていました。
自分たちで思い出のある荷物を片付けるのは心忍びなく、また、貴重品が出てきそうな気もしていました。
そこでさいたま幸せ相続相談センターにご相談させて頂きました。

 

■川越市A様解決事例
遺品整理になれたメンバーをご紹介させて頂きました。
遺品整理の当日はお客様にも立ち合い頂き、透明性のある対応をさせて頂きました。
一部の遺品は買取が出来たこともあり見積もり金額も下がりました。
結果として、心身の負担もなく、かつ、費用も抑えられ納得のいく手続きとなりました。

 

 
⑵ さいたま市B様

結婚せずに一人で生きてきた兄が亡くなりました。
生前からずっと面倒をみてきて私しか相続人がいないこともあり、
兄が残してくれたマンションは私が相続することになりました。
マンションの売却に際し、不動産会社から残地物を整理してほしいと言われ
相続手続きもお願いしていた当センターに相談させて頂きました。

 

■さいたま市B様解決事例
遺品整理について2社の見積もりを提示させて頂きました。
それぞれの特徴などを教えて頂き、納得のいく遺品整理業者をご紹介させて頂きました。

 

遺品整理の流れ

1.お問合せ(電話、メールなど)

まずはお気軽にお問合せください。

2.現地でのお見積り

弊社の無料見積りのシステムをご理解いただけたら、実際に現地をお伺いし、見積りをとらせていただきます。
もちろん「見積りを受けたら必ず依頼しなければいけない」ということはございません。
他社との相見積りも歓迎です。見積りは短時間で簡単に終了します。

3.ご依頼

見積りの金額や作業内容にご納得いただけたら、正式にご依頼をいただきます。
そのまま作業できる状況であれば、すぐに作業に入らせていただきます。ご依頼の段階では費用のお支払いは必要ございません。
すべての作業が完了し、お客様にご確認いただいてからのお支払いとなります。

4.遺品の仕分け・探索 故人が残された品物を、丁寧に仕分けさせていただきます。

また、ご依頼主様が探したいと希望される品物についても、探索を行います。
仕分けも探索も、故人への供養として、心を込めて行わせていただきます。
「遺品整理士」の有資格者が技術面でも精神面でも安心して作業をお任せいただけます。

5.梱包・搬出

仕分けをした遺品は、それぞれの内容や状態に合わせて梱包いたします。
衣類・割れ物・精密機械などの品目に合わせて丁寧に梱包し、発送が必要なものは発送いたします。
不用品についても自治体のルールに合わせて的確に分別し、スピーディーに搬出していきます。

6.室内の清掃

故人への供養の気持ちも込めて、最後に丁寧に清掃をさせていただきます。

 

料金の目安

ご自宅やご指定の場所へ出張費無料でお伺いし、お見積りをさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。(まずはお電話でのヒアリングをさせていただきます)

「遺品整理」をお考えの方は、お電話、又は以下のボタンをクリックして メールフォームにてお気軽にお問い合わせください。

 

遺品整理 コラム記事

「デジタル遺産」相続に備え 知らぬ間の損失に注意とは?【相続コンサルタントコラム】

2019年9月15日 日本経済新聞の記事に、故人が残したインターネット銀行の預金口座、証券口座、電子マネー、暗号資産(仮想通貨)などの相続が新たな問題として浮上しているとの記事がありました。   パソコンやスマ…続きを読む

形見分けについて【司法書士コラム】

みなさま、こんにちは。 相続専門司法書士の三浦美樹です。 本日は、ある人が亡くなった時に、親族や故人と親交の深かった人などに遺品を贈る「形見分け」についてお話ししたいと思います。   形見分けは、相続手続きと違…続きを読む

デジタル遺品について【司法書士コラム】

新年あけましておめでとうございます。 相続専門司法書士の三浦美樹です。 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。   本日は、デジタル遺品について、ご紹介いたします。   デジタル遺品って、、、何?と…続きを読む

デジタル遺品、生前管理へ さまよう故人データはどうなるのか?【相続コンサルタントコラム】

日本経済新聞2018年11月22日の記事に気になるものがありました。故人が現世に置いていったスマートフォン(スマホ)やSNSアカウントは「デジタル遺品」と呼ばれているようです。デジタル化で思い出を整理したり、残したりする…続きを読む

遺品の植物【相続スタッフコラム】

先日テレビで遺品の植物について取り上げていました。 遺品と言えば、身の回りの物品ばかりを考えてしまいがちですが、 植物も遺品として扱い方を考える必要があるかもしれません。   私の祖父が盆栽や植木が趣味で多種の…続きを読む

相続手続ガイドブック

 

メンバー出版情報


公式フェイスブックページ



公式ツイッター


友だち追加