家族が亡くなると、非日常的な手配や慣れない手続き、書類の提出で慌ただしくなります。

それらの手続きの中には、公共料金の支払いや契約の名義変更・解約手続、固定電話の加入権、携帯電話、インターネットの手続きも必要になります。

 

 その他、故人が契約していたサービスの停止や解約も忘れずに行わなければなりません。 クレジットカードや会員カードの年会費など銀行口座から自動引き落としにしていると、故人の口座が凍結された際に引き落とせなくなって初めて気づくケースもあります。未払い金についてはカードを解約しないと分からないためなるべく早く解約をしましょう。

 

故人の契約に関しては多岐におよんでいることもあります。故人宛に届いた手紙を確認するなど、見逃したくないところです。

 

]]>