以前、弊社のスタッフコラムで取り上げさせていただいた「大宮ガチャ」ですが、最近、埼玉新聞にて取り上げられている記事がございました。

 

今は、大宮・浦和・与野・川越 から派生して 東京・東銀座、静岡・沼津へと増えているそうです。 

先日ご紹介した、大宮駅東口・西口対抗の綱引き大会も大宮ガチャを企画した方と大宮駅長などとの雑談から生まれたとのこと。素晴らしいですね!

 

弊社もさいたまに関連した、企業・士業の方々と手を取り合って、盛り上げていくことを大切にしています。

さいたまの企業が盛り上がると、人々が笑顔になっていきます。人々が笑顔になることは、素敵な街になっていくことに繋がります。

 

さいたま幸せ相続相談センターでは、相続を通して、ご家族の笑顔を大切にしたいと考えております。

相続というものは、少しすれ違えば、ご家族の仲を壊してしまうこともあります。専門家と共に、ご家族に笑顔をもたらす相続対策を考えて頂ければ幸いです。

 

 

関連記事:

あふれる地元愛「大宮ガチャ」【相続スタッフコラム】

大宮えきフェスby大宮駅RENKETSTU祭【相続スタッフコラム】

埼玉新聞10月30日記事「どローカルネタに『愛あるいじり』雑談から『ガチャタマ』誕生 大宮区のアルシェ社長・中島祥雄さん」

]]>