2022年11月29日 日本経済新聞の記事によると、政府・与党は高額なタワーマンションなど不動産を活用した相続税の過度な節税を防ぐ検討に入ったとのことでした。高額な物件を相続すると、申告時の評価額が実勢価格を大幅に下回る事例が増えていますが、国税庁が2023年に有識者会議を設置して価格の乖離(かいり)の現状を分析し、評価額を適正な水準に上げるルールの見直しを検討するとのことでした。

 

相続税の節税対策に関してはこのタワマン節税是正に限らず他にも徐々に厳しさが増していくのかもしれません。当センターでも専門家で力を合わせて情報収集等を行いお客様へ適切な情報を共有できるように勉強を進めて参りたいと思います。

 

※参照 2022年11月29日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA287CC0Y2A121C2000000/

 

 

 

 

 

 

]]>