さいたま市・埼玉県の相続相談はさいたま幸せ相続相談センターへ

TEL:048-782-8922

お問い合わせ

さいたま幸せ相続のかたち

新着情報
News

土地の鑑定評価で相続税の評価額を下げられた事例/不動産鑑定士 西原 崇【動画で学ぶ相続】

500平米に満たない土地、平坦な土地で鑑定評価によって相続税の評価額を下げられた事例について簡単解説します。

 

①東京23区内で380㎡の土地

・路線価 260,000/㎡

・500㎡あったら20%減額ができたが500㎡に満たないので地積規模の大きな宅地の評価(規模格差補正率)は使えない。

・周りは戸建て住宅がたっている。 

 一区画約60㎡に区画割して分譲する場合この土地は間口に対して奥行が長い→行き止まり道路を一本入れなければならない。

結果、全体面積の中に占める道路の割合が大きく、評価額が下がった。

路線価260,000/㎡→224,000/㎡ 約1000万評価を下げることができた。

 

②埼玉県内で450㎡の土地

・埼玉県内 市街化区域、形の悪い土地。

 路線価 80,000円/㎡

・500㎡に満たないので地積規模の大きな宅地の評価(規模格差補正率)は使えない。

・戸建て分譲用地にするには形が悪く、3区画しか宅地として造成できない。

・埼玉県郊外なので1区画約100㎡必要であるのに全体の面積に占める道路の割合が大きく450㎡のうち95㎡

 道路に取られてしまう。

分譲したら売れる価格が思ったよりも伸びない。

結果、大きく評価額を下げることができた。

路線価80,000/㎡→47,000/㎡

 

③埼玉県内で400平方メートルの土地

・路線価 90,000円/㎡

・長方形のきれいな土地。郊外の為一宅地が広い(130㎡~150㎡)

・路地上敷地を含んだ土地2区画整形地1区画という分譲を想定。

・問題点・・・遺跡が多い(埋蔵文化財包蔵地)→宅地開発を行う場合発掘調査が必要→費用は開発者負担

 木が20本生えているので伐採→造成費がかかる

結果半値近く評価額を下げることができた。

路線価90,000/㎡→47,000/㎡

 

このように500平米に満たない土地、平坦な土地でも鑑定評価によって相続税の評価額を下げられた事例があります。

鑑定評価を採用して頂くと場合によっては莫大な土地の評価減ができるということを覚えておいて頂ければと思います。

 

カテゴリー


アーカイブ

  
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages