さいたま市・埼玉県の相続相談はさいたま幸せ相続相談センターへ

TEL:048-782-8922

お問い合わせ

さいたま幸せ相続のかたち

新着情報
News

【相続コンサルタントコラム】中央出版創業者親族、相続税130億円申告漏れ 国税庁指摘

2019年6月24日 日本経済新聞の記事によると、教育関連事業を手掛ける「中央出版」(名古屋市名東区)の創業者で2014年に死去した前田亨氏の長男が、名古屋国税局の税務調査を受け、相続した株式の評価を巡って約130億円の申告漏れを指摘されていたことが24日、関係者への取材で分かったとのことでした。相続税の追徴税額は過少申告加算税を含めて約70億円とみられるようです。

 

金額が大きくびっくりしました。相続税の申告は簡単ではありません。医師に内科や外科といった専門領域があるように、税理士にも法人や資産税といった相続、不動産の専門の税理士がいます。当該ケースの詳細はわからないなかですが、その専門分野に特化していても上記のような判断が難しいケースもあるのかもしれません。どちらにしても相続税の申告は慎重に対応すべきだとあらためて考えさせられました。

 

※参照 2019年6月24日 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46489590U9A620C1CN8000/