さいたま市・埼玉県の相続相談はさいたま幸せ相続相談センターへ

TEL:048-782-8922

お問い合わせ

さいたま幸せ相続のかたち

相続税申告 コラム記事

相続の基本 ~相続税はかかるの?相続財産の計算方法は?~【相続コンサルタントコラム】

皆さん、こんにちは。 相続・不動産コンサルタント、一級建築士の城和です。   先日のコラムでは相続の基本 ~誰が相続人になるの?相続の割合は?~ということで、誰が相続人になるのかや相続人になる順番、相続する割合…続きを読む

国税庁 路線価の減額修正検討【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。 国税庁が、コロナ禍の影響等により地価が大きく下落した場合、「相続税路線価(以下路線価)」を減額修正する措置検討しているとのことです。 &nbs…続きを読む

簡易財産診断無料サービスのご案内【相続コンサルタントコラム】

皆さんこんにちは。 相続コンサルタントの久保田です。   日々相続相談をお受けさせていただいていると、相続税についてのお悩みをお持ちの方が多いように感じます。 相続税の申告が必要、相続税を減らすため生前対策がしたい、納税…続きを読む

不動産を相続したけどどうしたらいいの?【一級建築士コラム】

皆さん、こんにちは。 一級建築士、相続・不動産コンサルタントの城和です。   不動産の相続には、「実家を相続したからそこに住みたい」「アパートを相続したけどどうしたらいいのかわからない」「相続した土地が遠方で管理ができな…続きを読む

まだ間に合います、広大地の相続税還付【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。   皆様は一度支払った相続税が還付されることがある、ということをご存知でしょうか。     Contents相続…続きを読む

新型コロナウイルスの影響により相続税申告・納付期限延期へ【相続コンサルタントコラム】

皆さんこんにちは。 相続・不動産コンサルタントの久保田です。   国税庁のHPで新型コロナウイルス感染症に関する各種対応が掲載されていますので、『申告・納付期限延長申請』の概要をご紹介したいと思います。     FAQに…続きを読む

配偶者居住権が施行されました【税理士コラム】

2018年に改正された民法で、配偶者居住権と配偶者短期居住権が新設され、2020年4月1日から施行されました。 従来は住居を取得した配偶者から他の相続人に現金で精算することで遺産分割協議を進めていましたが、配偶者居住権を…続きを読む

台風19号の災害により相続税減額に【相続コンサルタントコラム】

皆さん、こんにちは。 一級建築士、相続・不動産コンサルタントの城和です。   2020年2月26日の日本経済新聞の記事によると、相続税や贈与税の算定基準となる路線価に、昨年10月の台風19号の被災状況を反映させ…続きを読む

賃貸経営の節税封じ? 税制改正や富裕層の監視強化の動き【相続コンサルタントコラム】

2020年2月29日の日本経済新聞の記事によると、「賃貸アパート経営」「マンション投資」といった名で富裕層の間で用いられてきた節税策が封じられる見通しとのことでした。政府は税制改正や監視強化により相続税や所得税などを厳し…続きを読む

相続税申告って自分でできるの?【相続コンサルタントコラム】

皆さんこんにちは。 相続・不動産コンサルタントの久保田です。   当センターでは、税理士での相続税申告の代理サービスを行っておりますが、「相続税申告は自分でできないの?」「税理士に相続税申告を依頼することでどんなメリット…続きを読む

相続コンサルタントが考える、相続税申告をお願いしたい税理士とは?【相続コンサルタントコラム】

皆さんこんにちは。 相続・不動産コンサルタントの久保田です。   相続財産が基礎控除額を超えると相続税の申告が必要になります。 ご自身で相続税申告を行う方もいらっしゃると思いますが、複雑な手続きや税金に関する専…続きを読む

税理士がミスにより訴えられるケースが激増しています【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは。 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。   税理士が各種の税優遇を適用しなかったため 税金を多く支払ってしまったとして 顧客から訴えらられるケースが非常に増えています。 税…続きを読む

税理士や司法書士などの士業の報酬が高いのか安いのかわからない!?【相続コンサルタントコラム】

弊社では日々、相続相談を頂くなかで様々な質問を受けることがありますが、そのひとつが報酬に関するご質問です。   「相続税の申告はどのくらいの金額がかかるのでしょうか?」   「相続登記にかかるお金がい…続きを読む

民法の相続規定改正、思わぬ落とし穴に注意!【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。   今年の7月に民法の相続規定が大きく変わりました。 この民法の改正ですが、実は税金の扱いにも影響を与えるので注意が必要です。 &n…続きを読む

相続税、申告漏れに注意【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。   毎年今ぐらいの時期から年末にかけて、相続税の税務調査が増えてきます。 相続税の税務調査は申告済みの相続税について 税務署の調査官…続きを読む

森永卓郎氏 相続税申告で税理士にチクリ【相続コンサルタントコラム】

2019年7月29日 スポニチにこのような記事がありました。森永氏は、11年に父が他界した際、自ら相続税申告を試みたとのことですが、土地に関する相続税申告が難しく、税理士にお願いしたところ「税理士報酬は相続財産の3%で、…続きを読む

相続税の申告は税理士で差が出るものなのか?【相続コンサルタントコラム】

先日もお客様が無料相談にきてくださり色々なお話をさせて頂きました。そのなかでお願いする税理士で申告の内容等に違いはでるものでしょうか?というお話があり私もそのキーワードについて考えることがありました。   そも…続きを読む

相続税、10月から電子申告可能になる【相続コンサルタントコラム】

2019年7月6日 日本経済新聞夕刊の記事によると、相続税の申告・納税が10月からインターネットでできるようになるとのことでした。国税庁が国税電子申告・納税システム「e-Tax」を使った相続税の申告を受け付けるとありまし…続きを読む

中央出版創業者親族、相続税130億円申告漏れ 国税庁指摘【相続コンサルタントコラム】

2019年6月24日 日本経済新聞の記事によると、教育関連事業を手掛ける「中央出版」(名古屋市名東区)の創業者で2014年に死去した前田亨氏の長男が、名古屋国税局の税務調査を受け、相続した株式の評価を巡って約130億円の…続きを読む

相続相談事例を追加しました(相続税申告に関するご相談)

最近増えている相続税申告に関する相続相談事例を掲載致しました。   相続税の申告を検討されているお客様に少しでも参考になれば嬉しく思います。 当センターでは相続税の申告を専門に対応している税理士が複数おります。…続きを読む

さいたま市・埼玉県の相続手続き、遺言作成、相続税申告手続き、相続対策ならさいたま幸せ相続相談センターへ

当団体は、大宮駅西口徒歩5分(ニューシャトルの駅から徒歩約1分、ジャック大宮の道向かい)に事務所を構え、大宮・浦和をはじめ、さいたま市内、しいては埼玉県全域を相続サポートエリアとして相続手続きから遺言作成サポート、家族信…続きを読む

鑑定評価を使って相続税を下げることができる?【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。    本日は不動産鑑定評価を使うと、相続税が下がるかもしれないというお話です。  通常相続税の申告において土地の評価をする場合は、相続税路線価…続きを読む

5分でわかる!「相続税の申告」について【相続豆知識コラム】

 「相続税」という言葉は誰でも聞いたことがあると思います。しかし、実際に親族が亡くなったときに、相続税のためにどのような手続きが必要になるのかは、あまり知られていません。相続税を払うことは法律で決められた義務なので、「知…続きを読む

漠然としたお悩みこそご相談ください【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。    当社団にご相談にいらっしゃるお客様のご相談内容は、大きく2つのパターンに分けられるように思います。  一つは実際に相続が発生し…続きを読む

相続税の追徴額9%増える 17事務年度 申告漏れは3523億円【相続コンサルタントコラム】

2018年12月12日 日本経済新聞の記事によると、国税庁は、2018年6月までの1年間(2017事務年度)に全国の国税局などが実施した相続税の税務調査の結果を発表し、申告漏れ総額は3523億円と16事務年度比6.9%増…続きを読む

事業用小規模宅地 適用要件が厳格化【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。    2019年の税制改正より「小規模宅地特例」が見直され、事業用小規模宅地の適用条件が厳しくなるとのことです。 https://w…続きを読む

富裕層の申告漏れ670億円 09年以降で最多【相続コンサルタントコラム】

高額な資産などを持つ富裕層に対し、全国の国税局が今年6月までの1年間に5219件の税務調査を実施し、総額670億円の所得の申告漏れを指摘したことが29日、国税庁のまとめで分かったようです。   現在の統計方法と…続きを読む

芦屋の資産家ら30億円超申告漏れ 国税局が富裕層を監視【相続コンサルタントコラム】

2018年11月22日付、朝日新聞デジタルの記事によると、全国有数の高級住宅街があることで知られる兵庫県芦屋市の資産家らに対して大阪国税局が税務調査に乗り出し、昨年7月からの約1年間で、そのうち少なくとも50人以上が総額…続きを読む

相続税の申告は相続税専門の税理士に依頼するのが良いのでしょうか?【相続コンサルタントコラム】

最近、相続税専門の税理士がさらに増えている気がしています。   10年ほど前は相続税専門の税理士についてあまり目にしたり話しを聞くことはありませんでした。 しかしいまでは、ちょっとネットで検索するだけで多くの相…続きを読む

相続税のご相談はお早めに【不動産鑑定士コラム】

  こんにちは、さいたま幸せ相続相談センター 不動産鑑定士・相続コンサルタントの森田努です。   今回は相続税の申告について。   相続が発生した場合、気になるのが相続税です。相続税は相続発…続きを読む

相続相談事例を追加しました(相続税の申告に関するご相談)

相続税の申告に関する相続相談事例をあらたに掲載させて頂きました。 さいたま幸せ相続相談センターでは、引き続きお客様に当センターの活動を知って頂くために相続相談事例を掲載して参りたいと思います。   引き続き、さ…続きを読む

相続税の申告に関する相続事例を追加いたしました

相続税の申告に関する相続事例をあらたに掲載させて頂きました。 さいたま幸せ相続相談センターでは、引き続きお客様に当センターの活動を知って頂くために相続事例を掲載して参りたいと思います。   引き続き、さいたま幸…続きを読む

未成年者と相続税【税理士コラム】

みなさんこんにちは! 相続税専門の税理士の大塚です。   実務をやっていると、たまに相続人に未成年者がいる相続案件に遭遇します。 今回は、そんな未成年者がいる場合の相続税申告の論点について解説していきたいと思い…続きを読む

小規模宅地の特例「家なき子」の適用が厳しく【相続コンサルタントコラム】

2018年4月7日付の日本経済新聞の記事に、4月の税制改正を受け、土地の相続税額を大きく減らせる特例の適用条件が厳しくなったとありました。これまで認められていた節税対策が無効になることもあり、都心の一等地では数千万円単位…続きを読む

相続税の申告時に法定相続情報一覧図を使用することができるようになります。【司法書士コラム】

こんにちは、司法書士の石川です。 今年の桜は開花のタイミングが早かったためか、散るタイミングも早いですね。   平成29年5月に運用がスタートした「法定相続情報証明制度」、皆様は利用されておりますでしょうか。 …続きを読む

「円満相続をかなえる本」から、相続税の納付でとるべき優先順位は?【相続スタッフコラム】

今年は例年よりも早く桜の開花宣言が発表されたようですね。 今週末から来週にかけて、大宮公園も花見客でおおいににぎわうことでしょう。   さて今日は前回に引き続き税理士の章から相続税の納付でとるべき優先順位につい…続きを読む

書籍「長女と嫁が相続でやるべき5つのこと」から 平成27年から相続税はどう変わったか?について調べてみました。【相続スタッフコラム】

相続スタッフのKです。予報によるとあと二週間ほどで桜が開花するようです。楽しみです。   さて、相続税の基礎控除についてお話してみましょう。 国税庁が平成25年度に行った相続税課税状況統計によると相続税を支払っ…続きを読む

相続税の申告をあなたなら誰にお願いしたいでしょうか?【相続コンサルタントコラム】

さいたま幸せ相続相談センターでは、相続税の申告に関する相談が増えております。実際に担当税理士法人が複数の手続きを進めています。   主題の件について、全国には4万人を超える税理士がいます。普通に考えれば相続税申…続きを読む

相続税の申告に関するご相談事例を追加致しました

相続事例紹介のページに、相続税の申告に関するご相談事例を追加致しました。   今後も、相続手続き、相続対策に関わる事例を随時掲載させて頂きます。 引き続き埼玉県・さいたま市の相続相談にてお客様にお力になれるよう…続きを読む

相続相談事例をご参照下さい(相続税の申告に関するご相談)

さいたま幸せ相続相談センターでは、最近は相続税の申告に関するご相談が増えております。   そこで相続税申告にかかる相続事例を掲載させて頂きました。 これらの情報が少しでも円満相続の一助となれば嬉しく思います。 …続きを読む

小規模宅地等の特例に関する改正について【税理士コラム】

みなさん、こんにちは。 税理士の大塚です。    税理士にとって年末の大きなイベントである税制改正大綱が、12月14日に発表されました。  「そもそも税制改正大綱って何?」」と思う方もいるかもしれませんので、ザ…続きを読む

課税対象者2.8%増 前年に続き過去最高更新【相続コンサルタントコラム】

毎日新聞2017年12月15日付にこのような内容の記事がありました。   国税庁は15日、2016年の1年間に亡くなった約130万人のうち、財産が相続税の課税対象になった人は前年比2.8%増の10万5880人だ…続きを読む

2018年度 与党税制改正大綱決定!【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。    いよいよ年末間近となり、忘年会シーズンのピークですね。今週は3回夜のお付き合いがありました。次の日の仕事のことを考えるとあまり無理をしたくない一方、普段ゆ…続きを読む

中小の相続税100%猶予 代替わり支援、対象も拡大【相続コンサルタントコラム】

日本経済新聞2017年12月2日朝刊の記事にこのような内容が記載されていました。政府・与党は2018年度税制改正で、中小企業の事業承継を促す税優遇策を拡充する方針を固めたとのこと。非上場企業の経営者から後継者が同企業の株…続きを読む

相続税逃れに待った! 社団法人の悪用目立つ【相続コンサルタントコラム】

2017年11月29日日本経済新聞に主題の記事がありました。   政府・与党は相続税の過度な節税を防ぐとのことで、見直しの対象とするのは、一般社団法人の課税逃れと小規模宅地の特例を使った節税のふたつであるとのこ…続きを読む

相続税軽減の特例措置 適用条件を厳格化へ 政府 【相続コンサルタントコラム】

2017年11月28日のNHKのウェブニュースに掲題の記事がありました。   政府は、来年度の税制改正で、土地の所有者が亡くなって配偶者や子どもらが相続する際、相続税を大幅に軽くする特例措置が、節税目的で利用さ…続きを読む

相続税軽減の特例措置 適用条件を厳格化へ【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。  先日滑川町の国営武蔵丘陵森林公園のこの時期の恒例イベント、「紅葉見ナイト」に行ってまいりました。色とりどりの紅葉した木々が見事にライトアップされており、子供達も大喜びし…続きを読む

相続税申告漏れ 追徴税額2割増【相続コンサルタントコラム】

国税庁は13日、今年6月までの1年間(2016事務年度)に全国の国税局などが実施した相続税の税務調査の結果を発表しました。申告漏れ総額は3295億円と15事務年度比9.7%増加、追徴税額も716億円と22.8%増えたとの…続きを読む

相続税に不安 日本で死ねない外国人【相続コンサルタントコラム】

2017年11月13日のヤフーニュース、bloomberg提供の記事にこのようなタイトルの記事を見つけました。   約1800兆円もの家計金融資産を持つ日本は、世界の資産運用会社にとって魅力的な市場だが、今の税…続きを読む

相続税の還付について④【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。    先日、6歳以下のちびっこ達のミニサッカー大会に息子を連れて参加してきました。息子のチームは6歳の子供たちが中心だったのですが、中には4~5歳が中心のチーム…続きを読む

相続税の還付について③【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。    先日、「円満相続をかなえる本」の出版に際しまして、出版元の幻冬舎様から取材を受けました。その中で、「仕事にやりがいを感じるのはどんなときか?」という質問を…続きを読む

電話、メール、来社、ご自宅訪問による相続・遺言・相続税申告・事業承継等相談に関するご案内

さいたま幸せ相続相談センターでは、電話やメールによる相続・事業承継に関する相談が増えております。電話相談につきましては、原則理事が対応しているため、理事が不在の場合は、折り返しとさせて頂き、メールお問い合わせについては原…続きを読む

さいたま市・埼玉県の農家・農地の相続に全力でサポートします【相続コンサルタントコラム】

埼玉県は東京都に面していながら、農家・農地が多くあります。   2015年農林業センサスによると、埼玉県の農家数は全国8位となっており以外なほど農家が多いことが分かります。   これは、埼玉県に住んでみると分かるのですが…続きを読む

続・広大地制度が大きく変わります【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。  今夜はいよいよサッカー日本代表、運命のオーストラリア戦ですね。いまからドキドキしています。会場は埼玉スタジアムで近くなのですが、残念ながらチケットが手に入らず、TV観戦…続きを読む

相続時精算課税制度【税理士コラム】

皆さん、こんにちは! 税理士の大塚英司です。   唐突ですが、相続時精算課税制度ってご存知でしょうか? 簡単に言うと、 『 祖父母や親から成人した子や孫への贈与は2,500万円まで贈与税は払わなくていいですよ。…続きを読む

相続税の還付について②【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。    今週末は川越で花火大会がありますね。さいたま市の方が川越までいらっしゃるケースは少ないと感じているのですが、このタイミングで、昼は小江戸散策、夜は花火大会…続きを読む

支払った相続税が戻ってくる!?相続税還付【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田努です。    お盆も過ぎて秋が近づくにつれ、くだものが美味しい季節になりましたね。森田家の冷蔵庫にも、プラム、梨、ブドウ等、くだものが溢れています。あまーいくだものを食…続きを読む

部屋と駐車場が税額同じで提訴【相続コンサルタントコラム】

Yahoo!ニュース2017年7月27日付(朝日新聞デジタル)の記事に、マンション内駐車場と部屋が同じ税額なのはおかしい、、、疑問をもった不動産管理会社が東京都を相手に固定資産税などの減額を求める訴訟を東京地裁に起こした…続きを読む

税務のセカンドオピニオンが納税で浸透!?【相続コンサルタントコラム】

2017年7月23日付日本経済新聞朝刊に 税務のセカンドオピニオンについての記事が掲載されていました。   とある地方の税理士が相続税の申告を行なったが、とある機会があり相続に慣れている別の税理士が申告書をチェックしたと…続きを読む

広大地制度が大きく変わります【不動産鑑定士コラム】

みなさんこんにちは! 不動産鑑定士の森田です。    毎日暑い日が続いていますが、体調など崩されていらっしゃらないでしょうか。ご存知の通り埼玉県は熊谷市を中心に非常に暑い県で、全国で一番気温が高くなるような日も…続きを読む

建築基準法上の道路でない通路に面している土地の評価【税理士コラム】

みなさんこんにちは!   一般社団法人さいたま幸せ相続のかたちメンバーで 相続税専門の税理士法人トゥモローズの税理士の大塚です。   今回は、土地の相続税評価のお話です。 土地の相続税評価は路線価に基…続きを読む

広大地評価をご存知ですか?【不動産鑑定士コラム】

 みなさんこんにちは!  不動産鑑定士の森田です。    本日は、相続税のお話です。  広大地評価という制度をご存知でしょうか?  簡単にご説明すると、一定の条件に該当する土地について相続税評価額が大幅に下がる…続きを読む

相続手続ガイドブック

 

メンバー出版情報


公式フェイスブックページ



公式ツイッター


友だち追加