さいたま市・埼玉県の相続相談はさいたま幸せ相続相談センターへ

TEL:048-782-8922

お問い合わせ

さいたま幸せ相続のかたち

家族信託 コラム記事

遺言と家族信託はどちらが優先されるの?【相続コンサルタントコラム】

皆さんこんにちは。 相続コンサルタントの久保田です。   相続の生前対策としてよく耳にする遺言と家族信託(民事信託)ですが、同じ財産に対して遺言と家族信託の2つがある場合どちらが優先されるかご存知でしょうか? 例えば下記…続きを読む

ネット証券も相続・信託【相続コンサルタントコラム】

2020年4月28日 日本経済新聞の記事によると、インターネット証券各社が相次いで高齢者向けの相続や信託関連の金融サービスを導入しているとのことでした。楽天証券は27日から資産管理を家族に任せる「家族信託」用の口座開設の…続きを読む

リバースモーゲージに家族信託型 認知症後は管理委託【相続コンサルタントコラム】

2020年4月23日 日本経済新聞の記事によると、オリックス銀行が高齢者向けに自宅を担保として老後資金を融資する「リバースモーゲージ」で、契約者が認知症になっても家族が物件の管理や売却を代行できる商品を開発したとのことで…続きを読む

家族信託でなにができるの?【司法書士コラム】

皆さんは家族信託という言葉をご存知でしょうか?近年注目を集めている制度になり、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。今回は家族信託を利用することによって何が出来るのかお話したいと思います。     Contents1.家…続きを読む

民事信託、本当に必要?【不動産鑑定士コラム】

皆さん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。   最近民事信託が何かと話題になっています。 また、当社団への信託に関するお問い合わせも増えてきます。 確かに認知症対策として、使い…続きを読む

認知症に備えた新たな信託商品を発売、みずほ信託銀行【相続コンサルタントコラム】

2019年9月3日 産経新聞の記事によると、みずほ信託銀行の飯盛徹夫社長が産経新聞のインタビューに応じ、契約者が認知症を発症した場合に備えた新たな信託商品を今月から売り出すと明らかにしたとのことでした。認知症の診断書を提…続きを読む

新聞記事より、「父の家を売れなくなる」【不動産鑑定士コラム】

みなさん、こんにちは! 不動産鑑定士、相続・不動産コンサルタントの森田努です。    本日は新聞記事より、「父の家を売れなくなる」です。  https://www.nikkei.com/article/DGKK…続きを読む

認知症患者、金融資産200兆円に マネー凍結リスクも【相続コンサルタントコラム】

高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けているとのことです。2030年度には今の1.5倍の215兆円に達し、家計金融資産全体の1割を突破しそう、という記事に驚きました。   確かにさいたま幸せ相続相…続きを読む

過去に家族信託契約を締結していました。今から信託登記をお願いできますか?【司法書士コラム】

こんにちは、司法書士の石川です。   さて、家族信託という言葉を耳にしたことはありますか? 詳細は割愛しますが、家族信託とは自分の財産を、誰かに、信じて、託す制度です。   不動産を信託財産とする信託…続きを読む

書籍「長女と嫁が相続でやるべき5つのこと」から 家族信託について【相続スタッフコラム】

 みなさん、こんにちは。相続スタッフのKです。 暖かい日が続いて心地よいです。寒の戻りもありそうですがそろそろ衣替えでしょうか。   さて今回は家族信託について調べてみました。 平成19年に施行された改正信託法…続きを読む

認知症になった父の相続対策をしたいのですが、、、【司法書士コラム】

こんにちは、司法書士の石川です。   良くご相談いただく内容の一つとして、「父の相続対策をしたいのですが、、、」というものがありますよくよくお話を聞いてみると、相談者のお父様は既に認知症であるということが少なくありません…続きを読む

認知症になった親の不動産を売却する方法【司法書士コラム】

こんにちは、司法書士の石川です。   認知症の父が入院することになり、その入院費用を、父が所有している不動産を売却して捻出したいというご相談をいただくことがあります。   似たようなご相談として、認知…続きを読む

相続手続ガイドブック

 

メンバー出版情報


公式フェイスブックページ



公式ツイッター


友だち追加